に投稿

楊州別山台踊りの仮面

__

ここは松山銀天街。夏の土曜の夜市
写真のお兄さん(おじさん?)のかぶっている仮面は
韓国の京畿道(キョンギドウ)楊州地方に伝わる仮面劇、その名も
「楊州別(ヤンジュピョル)山台(サンデ)踊り(タルチュム)」に出てくる外長女の面。
劇の内容は傲慢な権力者に対する庶民の不満や揶揄、堕落していく僧侶等を描き出しながら、
清浄な世界を夢見るように踊るもの。
それはともかく、夜市の仮面男は道行く人にけっこう怖がられたり、喜ばれたり、
握手を求められたりしておりました。